n-ing(エニング) design&pipe furniture


当社は札幌発の配管家具「n-ing(エニング)」を立ち上げました。

 
 日章冷熱㈱は1975年に設立し40年以上営業を続けています。
 創立以来、札幌を拠点とし札幌の発展と共に歩み、そのインフラを守ってきました。
 給排水・暖房空調設備だけでなく電気設備工事も始め建築設備を総合的に支える体制を整えてきました。

「現状維持では後退するばかりである。」
 それはどの仕事にも共通することだと思います。弊社は40年間歩みを止めずここまで来ました。そして長年磨いてきたその技術を他の分野でも活用できるのではないかと思いました。

 この度始めた「配管家具」は決して新しい発想のものではありません。20世紀始めにアメリカで生まれた工業系デザインから端を発したものの一つです。

 今はいろんなものが安く大量に生産される時代です。

 そんな中一つ一つ手作業で製作する配管家具を新しく始めるのは時代の逆行を行っていると思われるかもしれません。
 配管家具で使用する木材はそれ毎に節があったり傷のような跡、そり等があります。。塗料による着色にも差が生じてしまいます。金属パイプはたとえ錆止めを塗っても経年により錆びてしまいます。ですがその錆すらもそれぞれ違います。
 同じテーブルや椅子でも全く同じものなど1つとして存在しません。

 同じものが氾濫する世の中で世界でたった一つのもの。

 木のぬくもりと鉄の冷たさ。武骨でかざらないかっこよさ。
 配管職人が造るn-ingの配管家具をぜひ手に取っていただきたいです。

「n-ing」のホームページを開設しました。ぜひご覧ください